一般社団法人 ソーシャルファイナンス支援センター

お問い合わせ

ソーシャルファイナンス支援センター
(SFSC)のビジョン

私たちソーシャルファイナンス支援センター(SFSC)は、「新しい公共」支援事業に関わる助成金をいただき、2011年度から、神奈川県と茨城県で事業型NPO 等の資金調達支援を行ってきました。ソーシャルビジネス事業者の金融機関等からの借入れ支援は、今後も第1のミッションとして継続していきます。

そして、2013年度からは、この度ようやく実現した市民出資を支援する「地域エネルギー支援ファンド」により、再生可能エネルギーによる発電事業、なかでも最もわかりやすく取り組みやすい太陽光発電事業への「市民出資ファンド」の組成支援事業を開始します。このファンドでは、太陽光発電に限らず、支援対象を、順次バイオマスや小水力、温泉熱等を利用した再エネ発電事業や省エネ事業への市民出資に広げていきます。

さらに、2015年度までには、同ファンドの実績をもとに、環境関連に留まらない社会的課題全般の解決に資する「ソーシャルビジネス支援ファンド」を立ち上げます。様々な社会的課題の解決を目指すソーシャルビジネス事業者を応援するための、市民自らの手による「志金」集めを、金融機関と連携して支援していくファンドです。

その後、これまで温めてきた「ソーシャルビジネスの社会性評価」事業を本格的に立ち上げ、ソーシャルビジネス事業者による公募増資(株式発行による資金調達)を可能にする「ソーシャルストックマーケット」の創設を目指します。

こうして、創業段階における金融機関借入れ、市民出資による自己資金調達、そして、より大きな事業規模に達した段階で必要となる公募増資まで、ソーシャルビジネス事業者の成長段階に応じたあらゆる資金調達ニーズが迅速に満たされていくプラットフォームを作り出していきます。

LINK

    ソーシャルビジネスネットワーク

Copyright (C) 2013 Social Finance Supprt Center. All Rights Reserved.